風俗街は誘惑が多すぎる

残業が早く終わる。それは風俗です

例えば残業が早く終わった時とかは、風俗気分になりますよね。風俗は大好きですけど、優先順位としてはどうしても仕事の方が上じゃないですか。これはもう社会人である以上仕方ない現実なんですけど、だからこそ風俗を利用出来るシチュエーションの時には遠慮なく利用するくらいでいいんじゃないかなって思うんですよね。残業が早く終わったり、うちの会社は時々有休をもらえるんです。会社側からしっかりと消化しろってことで、あまり忙しくない時期には有休を会社側から提案してくれるんですよ。ある意味とってもありがたい会社ですけど、いきなり休みになっても何もすることがないじゃないですか。そんな時もまた、風俗の絶好のシチュエーションですよね。こうして風俗を利用出来るシチュエーションっていろいろとあるんだなってことに気付かされるというか、利用出来る時には利用したいって考えるのは、やっぱりそれだけ自分の中で風俗が特別な存在だからこそかなって。

理屈と感覚とで考えて楽しむのがベスト

風俗は女の子と向き合った時には本能をフルスロットルにして楽しむべきだと思うんです。風俗嬢の前で細かい理屈をこねていても、はっきり言って風俗嬢のモチベーションを下げてしまうだけだと思うんですよね。でも、そこまでは理屈というか、しっかりと考えるようにしています。例えばですけど、風俗を利用する時にはクレジットカードは必需品です。現金を持ち運ぶよりも、クレジットカードにした方がポイントがつくからです。ポイント分も、一度程度ではそこまで大きな物じゃないかもしれないんですけど、長い目で見るとポイントを回収できないのは、かなりドブに捨てているようなものだと思うので、それは勿体ないなと。だから支払いに関してはクレジットカードが必須と言っても良いですね。それに、デリヘルの時もありますが、デリヘルの時はホテルのこともまた、ホームページで調べるようにしています。案外ホテルのクーポンとかあったりするので、それも見逃せません。