風俗街は誘惑が多すぎる

時にはやはり男として…

夫として、そして父親として日々暮らしていますけど、でも時には「男」に戻りたくなる衝動に駆られるんですよ。まだまだ現役の男として、若い女の子とも楽しみたい。そんな気持ちを毎日持っている訳じゃないんですけど、時々そう思うこともありますね。そんな時こそ風俗の出番です。さすがに浮気をしようとは思いませんしね。浮気のリスクを考えたら、たまに風俗で遊ぶくらいが丁度良いじゃないですか(笑)それに風俗嬢とは別にそこから関係を持とうって話じゃなくて、あくまでもその時一緒に楽しむって言うスタンスじゃないですか。妻や子供と一緒に居る時に急に電話がかかってくるなんてこともないですしね。そう思ったら、風俗に留めておくくらいが自分としては一番なんじゃないかなって思うようになりました。たまにちらっと利用すれば、その瞬間は満たされますし、当分は「男になりたい」気持ちも収まりますし。リスクもない分、自分は風俗が良いかなって思いますね。

電マに完敗したと感じた

風俗であそこまで敗北感を味わうことになるとは思っていませんでした。それは女の子に対しての敗北感ではありません。自分の力の無さと言うか、むしろ相手の実力が凄すぎたからですよね。オプションで電マを使ってみたんですけど、電マの破壊力が凄すぎました。AVで見たこともあるし、その実力はよく分かっているつもりでした。でも、想像以上でした。電マを使っている時と、自分が頑張っている時。風俗嬢の反応は全然違いましたね。必死さだけで言えば自分の方が上と言うか、そもそも相手は機械ですしね(笑)でも相手に与えた快感という点では、電マの方が圧倒的に上だったでしょうね。言い知れぬ敗北感。初めて電マを利用したのもありますけど、文字通り敗北という言葉で自分の心は覆われました。でも相手の風俗嬢の良い反応を見れたのはもちろんですし、それに電マは敵って訳でもないですしね。むしろ同じ目的を持った味方だと思うので、これからは頼りにしようかなと。