風俗街は誘惑が多すぎる

熟女との出会いが自分を変える

もしかしたら自分の性癖は、この前の熟女によって変化したのかもしれません。いや、確実に変わっていますね。それまで風俗であそこまで攻められるようなことはありませんでした。いわばオーソドックスに攻めてもらうことが多かったんですけど、この前の熟女はただ舐めるだけじゃなく、全身くまなく攻めてくれたんですよね。それに感動したと共に、自分の中で何かに目覚めたのが分かったんですよね。それで、もしかしたら自分自身、新しい何かに目覚めたのかもしれないなって思ったんです。それはお尻です。それまでそこは全然何も思わないというか、むしろ触れられるとくすぐったいって思ったんです。でも熟女は巧みなテクニックで、こちらの快感を引き出したんですよね。それに感服しましたよ。まさかそこまで出来るとは思わないじゃないですか。それも含めて、あの熟女のおかげなので、これからの風俗が自分自身、かなり楽しみだなって思っているんですよね(笑)

確かに、ソープは全身運動だと思う

ソープは全身運動だと評している友達がいるんです。風俗のことが大好きなその友人は、いろいろな風俗のことを話してくれるんですけど、ソープに関しては満足出来るって話だけじゃなく、全身運動なのでとっても楽しいって言ってくれたんですよね。そう言われたらやっぱり気になるじゃないですか。それでこの前はソープに行って遊んできたんですけど、確かにあれは全身運動ですね。しかも運動と意識している訳じゃないものの、気付いたら運動になってしまっているってところでしょうか。自分でもあそこまでがっつりと燃えることになるとは思っていなかっただけに、本当に驚かされましたけど、でもソープは他の風俗にはない子とまで楽しめるので、これはこれでかなり面白いものなんじゃないかなって思いましたね。むしろソープ以外では出来ないことって思ったら、この全身運動がどれだけ貴重なものなのかも分かるんじゃないかなって。それくらい、自分の中ではツボと言っても良いレベルだったかなって。