風俗街は誘惑が多すぎる

風俗のおかげかもしれない

自分で言うのもなんですけど、最近女の子と普通に話せるようになりました。以前は職場の同僚や後輩はもちろんですが、ちょっとした飲み会に出ても女の子相手ってだけで緊張してしまって、ちゃんと喋れませんでした。でも風俗に行くようになってからは、女の子と喋るのが当たり前じゃないですか(笑)抜いてもらうだけではなくて、喋ったりもするので、それで女の子という存在そのものに慣れてきたような気がするんですよね。だからいろいろなシチュエーションで女の子という存在とも普通に接することが出来るようになったんです。それまではどうしても緊張したり、気後れしてしまう部分もあったんです。自分なんかが…みたいな(苦笑)でも風俗に行くようになっていろんな女の子を相手にするじゃないですか。それこそかなりの美人だっていますしね。だからか、そんなに緊張するようなこともなくなってきたんですよね。おかげで女友達も増えてきたような気がします。

巨乳嬢が上手だった話です

二週間ほどまでにすっきりしてきた時に相手をしてくれたのがW嬢。巨乳だったのを未だに覚えていますが、彼女、とにかく上手な風俗嬢でしたね。最近の風俗嬢って基本的なレベルが高いじゃないですか。だから毎回楽しませてもらっていますけど、どんな楽しさなのかは蓋を開けてみないと分からないものですよね。彼女、男のことをよく分かっているというか、どこを攻めるのが良いのかや、どんな手順が良いのか。基本が徹底しているからこそ、応用も活きてくる。そんな風俗嬢でしたね。とにかく上手だし、流れるようなテクニックには何も言うことはありません。彼女に任せていたら、いつの間にやら満足の最高峰にまで連れて行ってもらっていたってところですよね。それくらい、いろんな形で楽しませてもらえたので、彼女のような風俗嬢のことは、しっかりと覚えておきたいなって。普段リピートはあまりしないタイプですけど、彼女に関してはぜひもう一度会いたいなと。