風俗街は誘惑が多すぎる

お人形さん。彼女のことです

まるでお人形さんのように可愛い風俗嬢のAちゃん。存在そのものが非現実的というか、こんなに可愛い女の子がいるものなんだなって思いましたね。男って異性の存在に甘くなるので、大抵の女の子に対して可愛いって思っちゃうじゃないですか。特に年が離れていると、別にそこまでじゃないと思われていても可愛く思えるものなんですけど、彼女はそういったことを抜きにしても、誰からも可愛いと思われるような風俗嬢でしたね。雰囲気というか、何をするとかじゃないんです。彼女のナチュラルな雰囲気が男を魅了するものだったんですよね。それだけでも嬉しいものじゃないですか。だって風俗では外見が良いに越したことはないんです。それだけに、いろいろなことを楽しみたいって気持ちはありますから、彼女のように可愛らしい風俗嬢との時間は、何をするとかじゃないんです。ましてや何をされるとかでもないんです。同じ空間に居る。それだけで満足出来るんですよ。

いつもと同じ。それで十分

風俗はいつも同じ子と楽しんでいますけど、はっきり言ってそれで十分だと思っています。むしろ同じ女の子とより掘り下げていくのが好きなんですよね。男の遺伝子としてはいろんな女の子と楽しみたいって言うのも分からなくはないんですけど、でも同じ風俗嬢とどんどん距離が近づいていくのを楽しめるのも風俗の良さだと思うんですよね。最初はぎこちなかったり、そこまで仲良しだったわけじゃないけど、でもいつしか距離が縮まって、さらには自分だけにしか見せてくれない表情を見せてくれているんじゃないかと錯覚したり(笑)それもまた、ある意味では男としての楽しさでもあると思うんですよね。だから風俗では自分はいつもと同じ子を楽しんでいます。やむを得ない場合もありますけど、一人良いなって思った風俗嬢を見つけたら、自分が風俗を利用するのもその女の子の出勤に合わせるようにしますしね。それくらい価値のある女の子とであれば、こっちが譲歩するのなんて問題ないですし(笑)